生理痛は薬を飲んで和らげるのがおすすめ|薬を飲むタイミングとは

痛みに良く効く成分は

薬

キーワードはNSAID

生理痛の薬を選ぶ場合は、主成分がNSAID(エヌセイド)という種類のものを選ぶのがおすすめです。と言っても、薬のパッケージにそうした表記があるわけではありません。生理痛は、女性ホルモンが引き金となって生成されるプロスタグランジンという痛み物質が原因ですが、その生成量を制限するのがNSAID。痛み止めの成分として良く知られているのはイブプロフェンですが、これは代表的なNSAIDの一種なのでおすすめの成分です。他の鎮痛成分としてはアセトアミノフェンという成分がありますが、生理痛をやわらげるという意味では多少劣ると言われています。もちろん鎮痛成分としては優れた効き目がありますが、アセトアミノフェンはNSAIDではないのですね。だから月経痛(生理痛)に適した最善のものを選ぶ時には、アセトアミノフェンは主成分としてはあまりおすすめ出来ません。また、一つ例外があります。アスピリンもNSAIDの一種でありながら、月経痛には比較的効果が低いと言われています。この理由はよく分かっていないのですが、実際に比較してみると明らかな違いがあると言われていますので、こちらもおすすめではありません。つまり、生理痛があるなら、アセトアミノフェンとアスピリンではない痛み止め成分を選べばOK。生理痛のたびに毎回薬を飲むことに対して罪悪感を感じてしまう女性は少なくありませんが、身体に悪いとかクセになるといった事はありません。痛みの緩和に薬を使うのは、まったくもってためらう必要のないことです。タイミング的には、痛くなってすぐの軽い症状のうちに飲むのが一番効果的だと言われています。

Copyright© 2017 生理痛は薬を飲んで和らげるのがおすすめ|薬を飲むタイミングとは All Rights Reserved.